2018年10月12日金曜日

弁護士らしくない話し(其の28)


帝国と皇帝とは別!?

 古代ローマは、王政→共和政→帝政の順番で推移したとのこと。

 共和政から帝政へ、というのは?この背景事情がどうにもスッキリとは胸に落ちぬまま、齢を重ねて来ました。
 塩野七生の「ローマ人の物語」を読んでも、その後に著した「ギリシャ人の物語」を読んでも、どうにも今一得心が行かないままでした。
 共和政の不効率とか、ギリシャの場合は、衆愚政に堕したから・・・とかは、一見それなりの説明とは思いつつも、スッキリ得心出来ないままでした。
 勿論、近くは、18世紀、19世紀、革命後のフランスに、ナポレオン・ボナパルトが現われた事実。そして、その後も、これはナポレオン三世の帝政にまで至ったという事実。

 英国の女流研究者(Mary Beard)が著した「SPQR(注1)ローマ帝国史」1、2巻、全723頁を読みました。扱われている時代は、B..63年からA..212年。「カティリナの陰謀」から「アントニヌス勅令(注2)」まで。

 1979年公開のメル・ギブソン主演の映画マッドマックスでは、近未来が荒廃した世界として描かれ、1981年のマッドマックス2(注3)1985年のマッドマックス/サンダードーム(注4)2015年のマッドマックス/怒りのデス・ロード(注5)、これらの近未来像は、何れもが荒廃した世界ということです。
 何故に、明るい未来像が描かれないのか?
 化石燃料の枯渇と核攻撃の応酬・・・どうにも、欧米系、ハリウッド系の映画にては、未来像は暗鬱なものである様子。

 東洋には、桃源境とシャングリラという理想境がある一方、欧米系は、アダムとイブのエデンの国からの追放以来、その理想境は、未来に描かれるのではなく、過去を遡って追憶する形であることが多い模様。

 これは一説によれば、農耕社会は、稔り豊かな未来像を将来に向かって描き得るのに対して、狩猟社会では、獲物は減少して行き、理想境は過去を振り返ることによってしか得られないから、とか。

 マア凡庸な理想境話しに耽るよりは、「SPQRローマ帝国史」全2巻は、多くのことを考えさせて呉れました。
 共和政は、エゴの衝突と貧富の格差に喘いでいたこと。
 ローマ人が求めていたのは、只〻自由であったこと。
 人というものは、何と愚かしく、又何と愛すべきものであるか、を。
 ギリシャとローマの違いを改めて考えるには、プルタルコスの「対比列伝(英雄伝)」を丁寧に読まなければならない、とも。

 そして、その後、カエサルのガリア戦記を読みました(中倉玄喜(訳)「〈新約〉ガリア戦記」2008年2月27日 PHP研究所刊)。
 すると、学生時代の騒がしかった頃、口〻に叫ばれていた(アメリカの)帝国主義反対!とのシュプレヒコール(独語 Sprechchor 朗読的合唱)の中の帝国主義の意味を改めて考え、漸くその一端が理解出来たように思われました。

 皇帝が頂点に立つから、帝国なのではない。
 国が他の国の上に立つから、これを以て帝国主義と称し、民主主義国家、国内的には民主主義が貫徹されていようとも、他国をその支配に置くから、これを以て帝国主義と表現する、という当たり前の事を漸う漸う語義として理解しました。

 そして、ローマ帝国は、カエサルの後、甥のオクタヴィアヌスがアウグストゥスとして元首政(プリンキパトゥス)を敷き、皇帝が続いて、文字通り皇帝の統括するようになった後は勿論ながら、それ以前の共和政(レス・プブリカ)と呼ばれた時代も、帝国であったという事実も、やっと理解しました。



(注1) Senatus Populus Que Romanus
(注2) 帝国居住の全自由民にローマ市民権を付与。帝国の都市国家的な名残を消滅させた。
(注3) 枯渇した石油を巡っての、石油精製所の取り合い。
(注4) 核戦争後の世界。
(注5) 核兵器による大量殺戮戦争後の汚染された世界。

弁護士らしい話し(其の29)

「日本史の論点」と題する中公新書編集部編の新書全269頁(8月25日発行)を一気に読みました。
 副題「邪馬台国から象徴天皇制まで」ということで「古代」「中世」「近世」「近代」「現代」の5ツの区分で各5~7の論点、合計29の論点について、最近熱い議論が要領良く紹介されています。

 古代から中世へ。その節目は、源平の合戦。僧慈円の「愚管抄」に「武者(むさ)の世」の到来との嘆き。
 中世から近世へ。その節目は、秀吉の天下統一。惣無事令(1585年)。
 近代から現代へ。その節目は、第二次世界大戦。終戦ならぬ敗戦(1945年)。

 ところで、現代では、どこまでが戦後か。
 かの有名な「もはや戦後ではない(1956年「経済白書」)」は、戦災からの復興の、その先にある危機感の発露。

 日本語では、「近代」と「現代」。英語の表記では、Recent-ModernThe PresentModern Times)。(ランダムハウス英和大辞典では、Modernとは、Middle Agesに続く、近世の、近代の・・・意とか。真に広義?!)。
 近世 Early-Modernは、その前が、中世 Middle-Ages。更に、その前は、古代 Ancient Times
 これらの区切りが、日本史研究の中で、改めて問われているようです。

 扨、近代と現代の岐れ目は、どこか?
 我が国では、第二次世界大戦の終結を以て、これに当てておいて、概ね間違い無い模様。
 その中で、では、近代日本とは何であったのか?どのように総括されるべきか??これは真に刺激的なところのようです。

 が、ここで法律家として、最も瞠目したのは、明治国家は、大日本帝国憲法の19条において、次のように謳っていたところです。
「日本臣民ハ法律命令ノ定ムル所ノ資格ニ応シ均ク文武官ニ任セラレ及其ノ他ノ公務ニ就クコトヲ得」文官、武官の公務員になる権利!です。

 明治憲法は、勿論、三権分立ではなく、全7章、76か条。
 日本国憲法は、全11章、103か条。
 この中に、明治憲法19条は、一種独特、そして皮肉な言い方では、唯一の平等条項として、立身出世主義、その頂点は、官僚、軍人であることを称揚していたということです。
 これは、明治憲法体制が行政優位の制度であったことを名実共に裏付け、果ては、近代以降の日本人への精神性を縛って来ているように思われます。
 ともかく、歴史の評価、考察は、大いに変化するものであり、変化するところが、大変興味深いところです。

 更に、歴史についての改めての考察、評価という点では、中公新書「日本統治下の朝鮮」― 統計と実証研究は何を語るか ― 全224頁(4月25日発行)も非常に興味深いものでした。
 国際経済学・開発経済学の研究者木村光彦による、191045年、つまり、(悪名高き)日韓併合から第二次大戦の敗戦(終戦と珍妙に言い換えられている)までの、統計資料を以てした考察です。
 その内容は、真に刺激的であります。
 中公新書「中国経済講義」─統計の信頼性から成長のゆくえまで─全272頁(9月20日発行)も大変刺激的でありました。1970年生まれの神戸大学教授梶谷 懐のクールな分析が考えさせて呉れます。

2018年10月1日月曜日

弁護士らしくない話し(其の27)— 山のはなし —


 今年の夏は、逆走台風の12号が東から西へ日本列島を横断(7月末)。そして、21号は、「第3室戸台風」とも名付けられたとか、近畿地方を直撃、果ては北海道にまで被害を。
 先日、京都の西北、栂尾の高山寺へ明恵上人の跡を訪れるべく出掛けたところ、高山寺の境内の大杉が相当数倒れ、極く一部を除いては、立入禁止。
 とにもかくにも、台風の当たり歳と猛暑、酷暑の夏でありました。 

 この夏の終わりに、敬愛する山仲間へ出した便りです。ジョン・クラカワーという登山家・ジャーナリストと、我が国最大の山岳レースTJARを4連覇した消防士さんの話しを知って貰えれば幸いと考え、紹介をさせて貰います。
 以下が便りの本文です。 

 北海道では、早や降雪とのこと。
 秋の彼岸も過ぎ、めっきり日没も早くなって参りました。 

 此の夏は、山らしい山には出掛ける機会を得ず、結局のところ、テレビBSで紹介される各地の山の便りと、書物での山の話しに触れるばかりでありました。 

 登山家・ジャーナリスト・作家に、Jon Krakauerという米国人がいます(1954年生)。
 最初に読んだのは、1995年5月のエベレストでの大量遭難に現に遭遇した際のルポタージュの「空へ」(注1)であり、次には、若者の失踪を扱った「荒野へ」(注2)。そして、「信仰が人を殺すとき」(注3)というモルモン教をめぐるノンフィクションでした。
 今回、偶〻見つけた朝日文庫の「エヴェレストより高い山」(注4)(文庫本 320頁、2018年6月30日)を読み進めています。山に登れない状況でも、山が大いに楽しめるように思っています。

例えば、Boulder(或は、Bowlder)は、若者の登攀競技で近時有名ですが、もとの意味は、地質学的には、直径が256㎜より大きい、巨礫を指すとのこと。10inchなれば、254㎜のような気もしますが・・・
これが転じて、角の取れた巨岩を登るスポーツをボルダリングと言うようになったことを知りました。

(注1)副題「エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか」199710月 文藝春秋刊 B6 396
(注2)2007年3月 集英社刊 文庫 334
(注3)2014年6月 河出書房新社刊 文庫 338頁+298
   1984年7月、米ユタ州のアメリカン・フォークで24歳の女性とその娘が熱心なモルモ
           ン教信徒に惨殺された。理性と信仰、原理主義と人間の倫理の問題など宗教の深い闇
     に迫ったノンフィクション」
(注4)解説を角幡唯介(1976年生)という、今評判の(?)冒険家・探検家が書いてい
          ます。

 TJARについては、2014年はスタートの見物に出掛けたところであり、2016年、2018年は、若しかすれば、御覧になっておられようものかとも思っています。
 ここのところの連続優勝者の、静岡の望月将悟氏については、前回2016年に、4日と23時間52分という大会記録を打ち立て、4連覇した後、今年は「(食料持参)無補給(水以外)」にて、結局、第7位にてフィニッシュ(6日と16時間7分)。制限時間は、8日間=192時間。
 この望月氏について、今年の夏には、「山岳王 望月将悟」という少〻キワモノ風なタイトルの取材本が出版されていました。(ヤマケイ)

 結局のところ、此の夏は、御目にも掛かれず、残念でありましたが、又宜しく御願いします。

2018年6月8日金曜日

弁護士らしくない話し(其の26)


最近の思いを2ツ述べさせて貰います。

1)考えるということ
考えるということは、問題の解決方法が無いこと、或は、課題に対処する術が確立していないこと、との哲学者の言が新聞で紹介されていました。
哲学者の鷲田清一氏の朝日新聞のコラム(「折々のことば」2018年5月30日)です。
解決の方法、対処の仕方が確立しているならば、アレコレ考え込む必要はない。考えるということは、未知の問題に臨んだときに求められる対応ということか。
それを称して、「考えることは雨乞いのようなものである」と。

すなわち、考えることと、その結果、結論との間には、必然の関係が有るのか、無いのか・・・
それでも、人の武器、利器としては、情報を集め、分析し、考えることしか無い筈・・・

かくて詰まるところ、考えることと、解決に向かって行動を起こすこととの間には、依然、千仞の谷が有るものの、思い切ってジャンプすることが必要の筈。
さすれば、どこかで思いを切り、決断し、行動に移るべき時が訪れることに!!

つまり、考えることのみを以て、事は終わるのではなく、何処かで考えることを止めることも必要な筈。


2)山で道に迷ったら・・・
山登りをしていて道を見失ったら・・・
ヒトは、どうしても里の方向へ足を向けたくなるもののよう・・・
それは、迷い道から脱出する術とは、どうも反対のもののよう・・・

山道は、原則として稜線を辿るようにして切り開かれているのが原則形。
途中で道を見失ったときは、より高い場所、稜線を目指せば、山道に出るのが極く一般的。

然るに、迷ったときは、山奥ではなく、里へ出たいという気持と、登るよりは下る方が楽であるという気持とが相俟って、怪しみつつも、より低い方向へ至る踏み跡をどうしても辿り勝ち。

しかし、山道を見失なったときは、下るよりはシンドイものながら、上方、より稜線に近いところへ、勇躍登るのが手堅い対応。

今年の黄金週間の後半は、全国的に悪天候に見舞われ、新潟県阿賀野市の山で、小1の子供と父親が凍死(低体温症)したという報道に接し、真に哀しく胸潰れる思いを強くしました。只〻冥福を祈るのみです。
合 掌

2018年4月4日水曜日

弁護士らしくない話し(其の25)


今生きている時代というもの

 時代というのは、それを現に生きている、そのときには、よく分からないものです。
 今生きている時代というものの意味、その位置付けは、大部時が過ぎてからしか分からないものであることが一般のようです。

 しかし、佳き著作を読んでいると、只今生きている時代とは、こういうものであるのか・・・と気付かせて呉れることがあったりします。
 トランプなどという人物が大統領になるなどということは、凡そ合理的には予想出来ないところであったように思われますが、それでも人類の歴史の中では、これはこれで決してあり得ない話しではなかったようです。

 塩野七生は、ヴェニスの歴史を著して世に出た人ですが、その後、中世ヨーロッパを書き、ローマ人を書き、遡ってギリシャ人を描いて、アレキサンダー大王を以て、大部の小説については、以後擱筆しました。
 今年1月に、ギリシャ人の歴史の第3巻を書き上げました。これは、アレクサンダーの物語です。この前は、1年強前の2016年に、いわゆる衆愚政治の時代を描いています。アルキビアデスの時代です。民主政、その華かなりし頃合(BC460ころ)から、その後、半世紀が経つや経たないで、一挙にギリシャ人が劣化したのか、揃って愚劣になったのか・・・
 依然ギリシャ人はギリシャ人であって変わってはいない筈。では何が・・・ということを考えさせて呉れます。

 その延長線上で、中公新書の新刊で面白い本を見付けました。「戦前日本のポピュリズム」筒井清忠著・2018年1月刊です。
 1905年の日比谷焼き打ち事件を日本の戦前のポピュリズムの嚆矢として、その後、日中戦争、日米戦争へ至る道程を説いています。
 朴烈怪写真事件というような、それなりに知られてはいるものの、その意味合いは、そのとき生きていた人達にしかよく分からないような事件も有れば、その後の大戦への道筋を付けたと言われる統帥権干犯問題なるものも、詳しく紹介され、その位置付けが行なわれています。
 治安維持法とセットで成立した普通選挙が大衆デモクラシーの時代を拓き、政党政治の混乱、混迷を招き、そして、破局・・・

 ポピュリズムとデモクラシーの関係が興味深いです。
 アメリカ独立革命とフランス革命の標語は、代表無ければ課税無し!でした。
 階層というマスの人の集団と代表ということがテーマでした。が、今日、階層というような塊りで人を捉えることは難しいです。人の集まりは様々に分裂し、また、様々な場面で複合的に、複数の集まりに重層的に帰属し、或は帰属しなかったりします。大国アメリカの大統領の言説は、ツィッターで恰かも個人対個人の言説のようにして流されます。大衆は、摑み切れない砂粒のようになる一方で、ITが個々人を適切に掬い上げているかの如き誤解が罷り通っているように思われてなりません。

2018年3月26日月曜日

弁護士らしい話し(其の28)

「超低金利時代」ということ
 
 近時は、テレビを視聴するのは、専ら高齢者であって、若者は、ネット・スマホに時間を取られて、テレビ離れであるとのこと。
 とは言え、未だにテレビを日常的に視聴する我が身。
 地上波放送の面白なさと、一方、BS放送での高齢者を専ら対象としているセールスに呆れ気味。健康、サプリ、霊園・・・
 
 その中で、低金利の時代に、どのように資産運用をするべきか、との指南、押し付けアドヴァイスを散見。
 最近世上を騒がせている話題は、某地方銀行と組んだ(?)、シェアハウス経営なるビジネスモデルの売り込み。サラリーマンを相手に、不動産をローンで買わせ、低利借入に比して、賃料収入で楽々・・・との与太話し!!
 
 凡そ法律家で借家借地の問題を扱わないということは先ず考えられないところ、これら地主家主の苦心惨憺を身近かに長年見て来ている立場からは、新たに不動産を取得して、これを賃貸して、安定的に収益を上げ続ける・・・という話しは、専門家ならぬ素人、新規の物件取得者には、土台大難事の筈!?
にも拘わらず、斯様な儲かりまっせ!!ビジネスは只今盛況の様子。
 
 改めて世の中を見回すと、少子超高齢社会、その一方で赤字国債の累積による将来的な経済不安の様相。
 かくては、何か頼るべきツテを・・・何か賢明な方策は・・・となるのは、人情の然らしむるところ。
 しかし、既に土地神話は崩壊して久しく、人口減少は首都圏の一部を除いては顕著なところ。県庁所在地でも、空き家が目立つと言われて久しい此の頃。
 必ず儲かる商売は、これは儲かるからと人をして、金を出させる商売のみと、昔から言われているところ。
 
 結局、将来的な経済的クラシュ、崩壊の漠然たる不安を煽って、目先の儲け話しをして人に金を出さしめる、というのは、文字通り伝統的な手法であり、須らく人々が乗せられるところの模様。
 
 ならば、どのように処すべきか?
 これについては、橘 玲著「国家破産はこわくない」(2018年1月、講談社+α文庫)が一ツのヒントを示して呉れている様子。
 将来的に予想、或は予測、将又噂されている経済的困窮事態、それは膨張し続ける国債、財政赤字が何を惹き起すか・・・ということであり、それを魔物の如く、ともかく恐れるか・・・ハイパーインフレが生じるか・・・
と言い条、改めて歴史を振り返ると、一夜にして日本円が紙クズになるということは有り得ない話し。すなわち、第一次大戦後のドイツ、第二次大戦後の日本・・・前者はともかく、後者でのインフレ率は、1936(11)年から1954(29)年までの18年間で消費者物価指数が300倍になったとか。1949(24)まででは、200倍。そして、1945(20)年から1949(24)年までの比較で70倍というような数字が掲げられている様子。
 
 と分析して行くと、これらの背景には、膨大な戦時国債と戦争に因る国民財産の大幅な毀損があり、貨幣の価値を裏付けるべき物がそもそも無かったから、と考えれば至って当然の帰結。
 そして、インフレ、ハイパーインフレと考えて行くと、このような先の大戦後の事象が頭に浮かぶことは必至。
 であるが、只今の少子高齢、人口減少、膨張する赤字国債の帰結は、人々の心象の場面ではともかく、このような戦後の急激なものとは明らかに異質のもの、異なった程度のものである筈。
 
 しかし、その一方で、いつの時代にも「狼が来るゾ!」とのオオカミ少年は付き物。其処彼処に、ウロウロ、ウジャウジャ・・・
 このような不安に乗じて金を儲けようという族は、いつの時代も、どの国でも必ず存在。そして、活躍、跳梁。
そして、これに乗せられる人々も。
 
 高齢者に向かっては、資産の運用を説くよりは、資産を如何に費すべきか、を説く方が余程世の為、人の為になるものか・・・
 富は溜め込むことよりも、立派に費消することの方が難しいよう。

2018年1月26日金曜日

弁護士らしくない話し(其の24)


生き死にの話し



 生き死にの問題・・・
 これはどうもこれまで公然と語ることはタブーであった模様。少なくとも、人前で一般的には語らないというが黙契であった様子。
 我ら団塊の世代が年金世代となり、2050年以降、我が国の人口は激減することは必至。就活、婚活、終活・・・と。
 若干前からEnding Noteを予め記しておくべしとの声は有ったものの、これはどうも専ら送る側に立って、残された者が困らないように・・・との要求が背景にあったと窺われます。

 扨、昨年には、地獄極楽の絵図の展示が活況を呈しているとのことで、足を運んで熟々眺めました(7~9月、奈良国立博物館)。恵心僧都源信(9421017)の著した「往生要集」の世界です(昨年は丁度千年忌)
 地獄と言えば、ダンテ(12651321)の「神曲」が世界的には有名ですが、その生存時期は、源信の方が凡そ三百年先じています。

 仏語(フランス語であって、仏教語に非ず)では、死のことをmort(モーる)と言い、
           死すべき者     mortel
           死すべからざる者 immortelとを、
人間と神とに振り分け、使っているとのことがシラー(17591805)の「群盗」の初めの部分で述べられていたと記憶。
 とにもかくにも、人は死すべき存在であり、このことは古来から人にとって最大最重要なテーマであった筈のところ、近代以降の医学の発展の結果、このテーマから人は遠去かって日常生活を送ることが原則のように転じた模様。

 とにもかくにも生き死にの問題が肝要であり、結局絶対に避けて通れない問題、全ての人が辿る途であり、その先の関門・・・

 にも拘わらず、生きる為の手立てであるところの、金を稼ぐことに狂奔し、その道具の金に鼻面を引き回されるという為体。
 特に、倹約を美徳と煽られ、勤倹に励んで来た我ら日本人は、結局、自らは遣い切れぬ金を子らに残して、子らをSpoilすることに・・・嗚呼・・・ 

 よく生き、よく死に、そして、見事に金を遣いたいところです。全部を遣い切っては困るとしても・・・